イベントの露店をご検討の方に役に立つ、電源などの情報をご紹介しています。


イベントで露店を開くまえにチェックすべき項目:出店料、電源など

 

イベントで露店を開く上での注意点とは?

 

イベントの露店、屋外イベントに飲食ブースを設置する際には、イベント責任者や関係者に相談する必要があります。

 

飲食の屋台のお金の流れについて考えてみましょう。

 

飲食店のブースなどを外部に頼むときは,イベント運営本部が準備金等を払う必要があるのでしょうか?

 

そして,売上利益のリターンはあるのでしょうか?

 

もちろん契約によって異なることはわかりますが,一般的にはどういった流れなのかを知りたいところです。

 

イベントで露店を開く場合、基本は主催者負担

 

イベントで露店が営業するのに必要な環境(水道設備、仮設電源・・)の、施工費は主催者負担です。

 

又、B級グルメフェスのように、店舗前に客席を設置する場合も、主催者負担です。

 

殆どの場合、出店者を募集〜締切日以降に区割り抽選・出店料納付(店舗が主催者に支払い)です。

 

*出店料は場所代ですね。

 

主催者が、特別に出店を希望する事業者に「準備金」を用意して出店を依頼・・は個別案件です。

 

イベント自体に集客力があれば、出店料は高めです。(希望者も多いので)

 

では売上利益のリターンはあるのでしょうか?

 

中には売上の5〜10%の上納を求める場合もあります。

 

この場合は、区画使用代は求め無いことが殆どです。

 

では責任はイベント責任者が持つものなのでしょうか?

 

直接は出店者が対応。

 

ただ、過去の事例を見ても道義上の責任履行は必要に成るでしょう。

 

主催者は、区画使用料などから「イベント保険」に加入します。

 

また、露店を公募すると「○○連合△一家」のような、テキ屋組織が名前を隠して接触してくる事が有ります。

 

「実際に店舗を構えてる出店希望者」を募るケースが多いのは、これを排除するため。

 

所轄警察と相談の上 進めることをお薦めします。(非合法組織の見分け方とか・・)

 

「非合法組織への利益供与」とみなされて、主催者が摘発されては意味が無いので・・・。

 

イベントの露店に必要な電源はどう確保するか

 

飲食店であれ金魚すくいであれ、先ずは電源の確保が大切です。

 

とはいえ発電機を購入するのは大変なことです。

 

例えば以下で発電機をレンタルすることも可能です。

 

⇒ 発電機レンタルショップの詳細はコチラ

 



リンク集

 

リンクはフリーです。 

 

続きを読む≫ 2016/03/20 23:59:20

運営者情報

サイト管理者  
名前 かめきち Y.S.

 

続きを読む≫ 2016/03/20 23:59:20